Markefanの活用シーン

マーケティング・オートメーションとは

マーケティング・オートメーション(Marketing Automation)とは、マーケティング業務において、従来は人手で行っていた定型的な作業や、複雑かつ大量のデータ処理を自動化することによって効率を高める仕組みのことです。

具体的には、下の図に示したように、様々なプロモーションの結果反応した見込み客(「リード」と言います)の情報を自動収集し、そのリードに合わせたキャンペーン情報を自動配信することができます。
キャンペーンに対するリードの反応も自動的に収集され、自社や商品に対する興味や反応の度合いによりリードを分類(スコアリング)し、そのスコアに応じてコンテンツを自動配信することによりリードを育成(ナーチャリング)することができます。

MAを使用したマーケティング業務の流れ

マーケティング・オートメーションを導入してリードスコアリングとナーチャリングの自動化が行うことにより、以下のような効率的かつ効果的なマーケティングを実現できます。

  • リード管理機能により、手作業では面倒であったリードの管理を効率的かつ高い精度で行えます。
  • リードスコアリング機能により、確度の高いリードへのアプローチも手間をかけずに行え、マーケティングコストの削減ができます。
  • リートナーチャリング機能により、商談の質が上がるため成約率がアップし、売上アップと営業経費の削減ができます。

Markefanで売上アップとマーケティングコストの削減を同時に実現しましょう!!


クイックスタート

今すぐにマーケファンを使いたい方のために、Markefanへのリードの登録からメールキャンペーンを実施するまでの一連の基本的な流れを6本の動画(計約10分)で解説しています。

活用シナリオ

リード育成プロセスを実現するマーケティングシナリオ

Markefanはひとつのキャンペーンに対してだけでも使用できますが、下の図のような「リード・ナーチャリングチャート」を作成して体系的なリード育成を行うと、より効果的にマーケティングオートメーションを行うことができます。

Markefanでは、このナーチャリングチャートに合わせて「マーケティング・シナリオ」を作成することにより、リードナーチャリングを行うことができます。

Markefanによるマーケティングオートメーションの手順

マーケティング・オートメーションを実施するためのMarkefanでの操作の一連の流れは下図のようになります。
(図の項目をクリックすると該当するマニュアルにジャンプします)

リード育成のためのシナリオとして、以下のようにイベントへの参加を促すようなユースケースが考えられます。
上記の手順を説明しているマニュアルは、このシナリオに沿って解説します。

API連携/カスタマイズ

MarkefanはAPIを利用することにより、Markefanが持っているデータのインポートやエクスポートの自動化や他のシステムとの連携を行うことができます。
また、ダイナミックフォームではフォーム内でHTML編集を行うことによって、より見栄えの良いフォームを作成することができます。

ここでは、APIを利用する際やフォーム記述のサンプルコードをいくつかご紹介します。プログラミングに精通している方であれば、このサンプルコードをカスタマイズして実装することで、業務の効率化やシステム間連携を行うことができます。

APIを利用した開発やカスタマイズについてのご相談は、サポートページよりお問い合わせください。

更新日:

Copyright© Markefan マニュアル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.