「 リード管理 」 一覧

no image

カテゴリー リード管理

カテゴリー

カテゴリーの活用方法 カテゴリーはリードをグループ分けするために使う“キーワード”です。 一つに限らず、複数のキーワードをリードに付与することができます。 例:パートナー、SEOマーケティング、展示会で名刺交換、社長紹介 等 作成方法 カテゴリーリスト メインメニューの【リード】より、サブメニューの【カテゴリー】を選択すると現在登録されているカテゴリーをリスト上で確認でき、また新しいカテゴリーを作成することもできます。 CSV での登録 CSVでリードを登録する際に、CSVファイル内で各リードにカテゴリーを付与してカテゴリーを作成することができます。 一例: CSVファイルをインポートする際に、マッピングでカテゴリーを設定します。 インポート完了後は、自動的に各リードの情報にカテゴリーが付与されます。 また、CSVファイルでカテゴリーを登録する際に、各リードに対して複数のカテゴリーを設定することも可能です。 一例: 複数のカテゴリーを設定する場合も同様に、マッピングでそれぞれ設定します。 インポート完了後は、自動的に各リードの情報にカテゴリーが付与されます。 リード作成時のカテゴリー登録 リードの新規登録時に、作成画面上で同時にカテゴリーの新規作成が可能です。 【新しいカテゴリの追加】をクリックした後、新規追加したいカテゴリー名を入力してチェックマークをクリックすれば追加完了です。 作成中のリードにこの新規追加したカテゴリーを付与するためには、右側の【選択したカテゴリーリスト】の枠内にドラッグ&ドロップします。 カテゴリー付与状況の確認 リードプロフィール リードリストから個別リードの名前をクリックすると詳細ページが表示されます。 その詳細の中にある「カテゴリー」項目にあるものがそのリードに付与されているカテゴリーです。 複数のカテゴリーが付与されている場合は、カンマで区切ったものが全て表示されます。 カテゴリーリスティング メインメニュー【リード】から【カテゴリー】を選択すると現在登録されているカテゴリーがリストで表示されます。 それぞれのカテゴリー名をクリックすると、現在そのカテゴリーが付与されているリードが表示されます。このリストはCSVファイルでダウンロードできます。 CSVファイルでダウンロード リードリストの上部にあるダウンロードを押して、リードをCSVファイルでダウンロードできます。 ダウンロードの条件として、カテゴリーを選択して下さい。 CSVをダウンロードすると下記のように表示されます。   リードリストからの検索 リードリスト上部にある【詳細検索】より、抽出したいカテゴリーが付与されているリードを表示またはリストダウンロードできます。 複数のカテゴリーを選択することも可能です。例えばAとBのカテゴリーを選択した場合、Aのみ付与、Bのみ付与、A B共に付与されているリードが抽出されます。   リードからカテゴリーを削除する カテゴリーリスト上の各カテゴリーを選択すると、現在そのカテゴリーが付与されているリードが表示されます。この中から指定したリードに限ってそのカテゴリーを削除したい場合は、このリスト上でカテゴリーを削除したいリードをチェックして【カテゴリから削除】をクリックします。   カテゴリーリスト上のリードを削除する カテゴリーリスト上にあるリードを削除する場合は【削除】をクリックします。 *削除すると登録されているリードデータ全てが削除されます。   カテゴリーリストの管理 まずメインメニューの【リード】より【カテゴリー】を選択して、カテゴリーリストのトップ画面に推移します。 ここでは各カテゴリーを選択して、その名前を変更することができます。すでに付与済みのカテゴリー名を変更すると、付与済みのリードのカテゴリー名も自動的に更新されます。 リスト上部にある【削除】では、選択したカテゴリーをツール上から削除します。ただし、削除するカテゴリーがすでに付与されているリードのカテゴリーは削除されませんのでご注意ください。 カテゴリーリスト上では各カテゴリーが付与されているリード数、割り当てられているタグ、アクティブリード数、配信解除リード数、ハードバウンスリード数といったカテゴリーの詳細情報や、カテゴリー作成時間、更新時間、作成者なども確認することができます。更新時間はカテゴリー名を変更したときに更新されます。 リードに該当カテゴリーが新規で付与されても、それは更新時間には反映されませんのでご注意ください。 また、リスト上部に検索窓があるのでカテゴリー名で検索することも可能です。   タグの活用方法 各カテゴリーの管理を容易にするためにタグ機能があります。タグを割り当てるには、カテゴリー名を選択した後リスト上部のタグマークをクリックし、割り当てしたいタグを選択して保存します。同様に新しいタグを追加したい場合も、このタグマークをクリックして作成します。 割り当てられたタグは、下図の通りカテゴリーリスト上の表示されます。 また、同じタグを複数のカテゴリーに割り当てた後、そのタグが割り当てられているカテゴリーを表示したいときは、該当のタグをクリックするとソートされます。   カテゴリーでセグメントを作成 指定したカテゴリーが付与されているリードのみを集めてグループ(セグメント)を作成することができます。 セグメントはメール配信の際に、ターゲットリストとして活用される機能です。 下図の通り、セグメント作成画面で、条件としてカテゴリーを選択します。 選択したいカテゴリーを右側のボックスへドラッグ&ドロップします。セグメント名を入力して保存すれば完了です。 複数のカテゴリーを選択した場合、そのいずれかに該当するリードがセグメントされます。 例えば、[SEOマーケティング、ビデオマーケティング]と選択した場合、[SEOマーケティング]のみのリードと[ビデオマーケティング]のみのリード、そしてその両方が付与されているリードがセグメント対象です。 上図の通り、作成したセグメントは条件に該当するリードのみをグルーピングします。 セグメント名をクリックすると、そのリストが表示されます。   カテゴリーをAIに活用 カテゴリーを各キャンペーン(メール・LP・ポップアップ等)に設定することで、Markefan搭載のAIがキャンペーンに対するリードのアクションを分析しやすくなります。これにより、AIスコアがより正確なものとなります。 各キャンペーンの設定画面は下記の通りです。 そのキャンペーンの内容に則したカテゴリーを設定して下さい。 【メールキャンペーン】 【LPキャンペーン】 【ポップアップキャンペーン】 メインメニュー【コンテンツ】のサブメニュー【サイトマップ】では、サイトマップの各URLにカテゴリーを設定することができます。 これにより、Markefan AIがより顧客の嗜好を分析しやすくなり、レコメンド機能の向上に繋がります。   カテゴリーをフォームで活用する フォームでカテゴリーフィールドをドラッグ&ドロップで設定することができます。 フォーム作成完了後、カテゴリー項目を確認すると現在ツールに登録されている全てのカテゴリデータが表示されます。 Markefan ホームページ

no image

リード管理

カスタムフィールド

カスタムフィールドとは 各リードに付与することができる任意のステータスです。任意のステータスをリードに付与するカテゴリ機能と異なる点は、一つの項目に対して複数のステータスを与えることができる点です。そのため、カスタムフィールドには「カスタムフィールド名」に対応する「値(ステータス)」を設定する必要があります。 例えば、問い合わせフォームの「MAの利用アンケート」という質問に対して A社利用, 2.B社利用, 3.利用していない」といった回答項目がある場合を考えてみましょう。 回答者が「1. A社利用」を選択してフォームを送信した場合、回答者のリードプロフィールに 「現在のMA利用状況 : A社利用」と追加されます。この場合では、「MAの利用アンケート」がカスタムフィールド名で、「A社利用」がそれに対応する値となります。このように何らかの項目に対応する値が状況によって変化するときにカスタムフィールドが活用できます。 2. カスタムフィールドの表示方法(リードリスト) リードリスト上で各リードに付与されているカスタムフィールドを確認する場合、リードリスト上部の設定ボタンから表示したいカスタムフィールド名を選択して設定します。   3. 管理機能 カスタムフィールドの管理はメニューバーの「リード-カスタムフィールド」で確認ができます。 新しいカスタムフィールドの登録や削除はこちらから設定して下さい。 カスタムフィールド名をクリックすると、そのフィールド名が登録されているリードがリストとして確認できます。注意点として、一度作成したカスタムフィールド名を変更することはできませんので、その場合は新規で作成する必要があります。また、一度リードに登録されたカスタムフィールドはこの管理画面で削除をしても、そのリード自体が削除されない限り、リード情報として維持されます。リードからそのカスタムフィールドを削除したい場合は、各リード情報の編集画面から削除することが可能です。   4. タグ機能 ツール内での管理を容易にするためにタグ機能があります。カスタムフィールド管理画面の右上にある設定ボタンからタグを作成することができます。作成したタグは各カスタムフィールド設定画面にて割り当てることができ、このタグを元にカスタムフィールドの検索をすることができます。   5. カスタムフィールド追加(CSVインポート) カスタムフィールド管理画面にてフィールド名を作成することは前述のとおりですが、CSVファイルでリードをインポートする際にも、カスタムフィールドを設定することができます。CSVファイルの一列目にカスタムフィールド名を入力し、2列目以降は各リードに対して付与する値を入力します。これをインポートすると、マッピングのプロセスで入力したフィールド名と値を設定することができます。既存のフィールド名がインポートされた場合は、既存の値に加えて新規の値も同様に登録されます。   6. カスタムフィールド追加(リード編集) 各リードのプロフィール編集画面でもカスタムフィールドの編集が可能です。既存のカスタムフィールドを選択して値を入力することもでき、また新規のフィールド名・値をここで登録することも可能です。   7. フォームでのカスタムフィールド設定 前述の通り、カスタムフィールドは問い合わせフォーム等からの回答に対して、その回答内容をリード情報としてMAと連携するために設定することが多くあります。フォーム作成時の各入力項目の属性設定で、回答項目に対するカスタムフィールドを選択します。リード項目の選択で「カスタムフィールド」を選択し、プルダウンから登録済みのフィールド名を選択します。新規のフィールド名を追加するには右側のプラスマークを押して追加して下さい。 8. セグメント設定 カスタムフィールドの値でセグメントを作成することができます。セグメント設定画面で、条件であるカスタムフィールドを選択して、条件となるフィールド名と値を設定して下さい。複数条件でセグメントを作成するにはユーザー設定フィールドの追加で、追加したいフィールド名と値を同様に設定して下さい。 二つ以上のカスタムフィールドを条件とした場合、選択したいずれか一つにも当てはまる場合は該当リードとしてセグメントされます。   Markefan ホームページ

Copyright© Markefan マニュアル , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.